FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[転載] 財務省VS安倍総理 民主党の信念のない、その場だけの政治が日本をダメにしている。

ブログ『さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」』(Yahooブログ)より転載させて頂きました。

元記事のURL:
 http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/33108884.html
下のタイトルをクリックして元記事に行けます。以下、転載記事)



人気ブログランキングに参加しています。

読み逃げされませんように、まずはここをポチッとお願い申し上げます。

                  野田の消費税増税
           
                 
-------------------

一体改革の意義 

消費税率を来年10月に10%に引き上げるかどうか、安倍総理は来月に結論を出す方針ですが、私は基本的には法律通りに粛々と判断すべきだと思います。

アベノミクスが成功しているというなら消費増税を見送るという結論にはならないはずです。仮に見送るというなら、アベノミクスの失敗を意味します。

(2014.11.10衆議院議員野田佳彦「かわら版」より抜粋)

-------------------

民主、増税先送り容認…「経済政策の失敗」強調

民主党の海江田代表、枝野幹事長、野田前首相らは14日、党本部で協議し、2015年10月からの消費税率10%への引き上げは困難と判断、安倍首相が増税の先送りを決めた場合、容認する方針を決めた。

衆院選で消費税率10%への引き上げの是非が争点になり、自民党などから「民主党は増税賛成」と攻撃されるのを避ける狙いもあるとみられる。

(2014.11.14 読売新聞抜粋)

-------------------
これが「ザ・民主党」です!

11月10日に「消費増税は予定通り来年10月に10%だ」と言っておきながら、解散総選挙が現実的になると「増税では選挙でボロクソに負けるから消費増税は先送り。しかし先送りを強調すると突っ込まれるからアベノミクス失敗のせいにしよう」ということです。わかりやすい民主党。


今回の消費増税の法律は民主党が財務省に騙されて押し通したもので、民主党政権の解散の条件に突きつけてきたものです。騙した張本人の財務省・勝栄二郎事務次官は消費増税が決まると逃げるようにして辞めました。


報じられませんが、今回の解散も財務省のデフレ状況を無視した来年10月消費増税の強引なやり方に怒った安倍総理が解散で国民に問うという話もあります(山村明義氏)。財務省と戦って勝利した総理はいないといいますが安倍総理はどうでしょう。これが本当であれば国民に財務省の横暴を公表すべきであり、国民の力で国益無視の財務省を傲慢さを潰したいものです。


本来、消費税を上げるのは期限を決めて上げるものではなく、その時の経済状況や景気、今ではデフレを脱したかどうかで決めていくものです。期限を決めてやるということは、その時の経済状況が最悪でデフレが加速している時であっても消費税を上げるということです。財務省は日本のことは考えていないのです。


これは防衛費GDP1%枠と同じ考えです。防衛費は日本を取り巻く安全保障の危機状況を考慮して決めていくものであってGDPで決めるのはおかしいのです。デフレでGDPが下がり続ければ国を取り巻く環境が安全になるならばまだしも、そうなるわけがありません。日本がシナから侵略されそうな時に「今は景気が悪くてGDPが上がらないから攻めないで」ではシャレになりません。



しかし、これが現実の日本です。

そして選挙のためなら信念も曲げる国会議員が多いのです。



本来、民主党は筋を通してこう言うべきです。

「絶対に来年10月の消費税10%は譲れない。民主党はあくまで消費増税で選挙を戦う。たとえ日本の経済がメチャクチャになっても決めたことはやり抜く。約束を守るのが民主党です。有権者の皆さん、ぜひ一票をお願いします」と。

これはこれで筋が通っています。ぜひ筋を通して潰れて下さい。




人気ブログランキングに参加しています。

韓国には毅然と対応して欲しい、と思った方はここをポチッとお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watch_compass

Author:watch_compass
日本人は和魂洋才、日本国は富国強兵。明治の日本はいちばん大切なことをズバリとモットーにした。
今もその位置づけは同じです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
いらっしゃいませ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
601位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。