スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[転載] 河野談話の問題5-”歴史の真実”?

倉西雅子さまの『時事随想抄』(Yahooブログ)より転載させて頂きました。

河野談話の問題点1-”数多くあり”の印象操作  
河野談話の問題点2-拡大解釈の余地
河野談話の問題3-慰安婦=奴隷のイメージ
河野談話の問題4-朝鮮人女性の被害誇張
の続きです。

(以下、転載記事。 ↓のタイトルをクリックして元記事に行けます。)

--------------------------------------------------------------------------------
河野談話の問題5-”歴史の真実”?

 河野談話の問題点の第5番目は、”歴史の真実”という言葉が使われていることです。

 先の記事でも指摘したように、河野談話には、読者を拡大解釈や事実誤認に導く仕掛けが施されています。明確、かつ、具体的な数字や根拠を示すことなく、文章による印象操作のみで、”慰安婦”問題における日本国の責任と韓国側の被害を浮き上がらせようとしているのです。そして、計算された印象操作の流れは、第5段落における”歴史の真実”という言葉へと繋がってゆきます。前半では行動主体がはっきりしない曖昧な表現に終始しながら、「われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。」と力強く宣言し、一方的に”事実認定”しているのです。さらにその後に「われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。」と述べることで、教育課程に慰安婦問題を持ち込む導火線を引いています。

 河野談話の発表後、日本国では歴史教科書に慰安婦記述が掲載されるようになり、また、韓国側からも、”歴史認識”の共有を要求されるようにもなりました。河野談話が、その公表後も教育等を通して長期にわたる影響を残したとなりますと、その罪はやはり重いと言わざるを得ないのです。


 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

  http://blog.with2.net/in.php?626231
.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watch_compass

Author:watch_compass
日本人は和魂洋才、日本国は富国強兵。明治の日本はいちばん大切なことをズバリとモットーにした。
今もその位置づけは同じです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
いらっしゃいませ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
880位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
409位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。