FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[転載] 韓国に法律なんかない、あるのは

桃実(Momomi)さまの『桃実 says』(Yahooブログ)より転載させて頂きました。

元記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/mymomomi/41228881.html

(以下、転載記事)
--------------------------------------------------------------------------------

日本企業は、今日でも、ソウルとかプサンとか、あの国に支社を設け、日本から社員を派遣しているところが多いのだろうか。

日本からわざわざ学生があの国に留学しているのだろうか。

ひところ「韓流ブーム」とやらがあり、それに乗せられ、あの国にお嫁に行ってしまった女性らは、今でもまだ無事に生活しているのだろうか。あえて「幸せだろうか」と聞く気にはならないが。



私がもっとも憂慮する点の一つは、あの国に、司法がないことである。

まともな検察も裁判所もない。事後に成立した法律を平気で遡及させて適用するという、近代法の原則を平気で無視するような前近代国家である。

日本人が犯罪や冤罪に巻き込まれても、まともに弁護してくれる韓国人弁護士などいるのだろうか。

逆に、日本人が韓国人に殺されても、「日本人なら殺してもいいニダ」と弁護したら、裁判所もそれを認める判決が出たって、我々は驚くべきではないだろう。対馬から仏像を泥棒して起きながら、あれは盗まれた可能性があるニダと主張すれば、それを簡単に認める程度の民度と文化の低さである。

だから、あの国にかかわらない方がいい。わが身が惜しいなら、かかわらない方がいい。

今現在あの国に住み、仕事をしている日本人も、彼らを派遣している日本企業も、あまりに能天気かつ楽天的にすぎないのではないだろうか。いざとなったら誰に弁護してもらうつもりなのだろう。



いくら読んでもなかなか趣旨が理解できない訴訟が、近々あの国においてソウル地裁に起こされるらしい。

戦前に旧日本軍の軍人として「強制動員された」とする韓国人の遺族ら、と言いながら、たった3人が、日韓請求権協定(1965年)で韓国が日本から無償で受けた資金(8億ドル)のうちの3億ドルは軍人、軍属への補償金であるところ、その資金によって韓国は経済を発展させたのだから、韓国はこれを「被害者」に返還すべきだという主張らしい。

趣旨がよくわからない。

ともかく驚いたのが、1965年に日本国政府が8億ドルもの莫大な金額を「請求権協定」の名目で韓国に支払っていたということだ。こんな話、いま初めて聞いたが本当なのだろうか。とてつもない額だ。

もう一つわからないのが、旧日本軍の軍人軍属として働いた韓国人は「被害者」という立場らしい。なんでも「被害者」をよそおい、人前でアイゴーって大泣きするのが美徳な国であるが、こと日本にかかわると、韓国人はなんでもかんでも被害者と言う立場に立つことになるらしい。

日本政府にいくら訴訟を起こしても日本の裁判所はことごとく却下するので、カネのむさぼり先を自国の政府に向けたらしい。こういう下劣で強欲むき出しの裁判は、せいぜいあの国の中でやっていただくのがよろしいが、いつまでたっても70年前のことでゆすり、たかる国民って本当に哀れで醜いものだ。

それにしても、よくも裁判を起こすネタをこんなふうに見つけ、こじつけるものである。あきれる。

あの国にも左巻き弁護士がたくさんいるのだろう。

とにかく、そんなに金をむさぼりたいなら、せいぜいパククネ相手にたくさん裁判を起こしてください。



韓国から日本に帰化した、評論家で大学教授の呉善花氏は、、

「韓国の司法界には、『国民情緒法』という法の概念がある」

とおっしゃっているそうだ。なるほど、こう言われると非常にすんなり理解できる。

相手がこと日本だと、紙に書かれた成文法なんてどうでもよくなり、反日だけが法律になる。日本を悪く裁けば、それで良しなのだ、あの国は。



冒頭の話に戻るが、そんな国にのほほんと住んでいて、日本人ら、頭大丈夫かい?

企業もそんな国から撤退したらどうだ。営業利益より、潜在的な訴訟リスク、反日リスクの方が大きいのではないか。
.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watch_compass

Author:watch_compass
日本人は和魂洋才、日本国は富国強兵。明治の日本はいちばん大切なことをズバリとモットーにした。
今もその位置づけは同じです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
いらっしゃいませ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
601位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。