スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[転載] 河野談話の問題4-朝鮮人女性の被害誇張

倉西雅子さまの『時事随想抄』(Yahooブログ)より転載させて頂きました。

河野談話の問題点1-”数多くあり”の印象操作  
河野談話の問題点2-拡大解釈の余地
河野談話の問題3-慰安婦=奴隷のイメージ
の続きです。

(以下、転載記事。 ↓のタイトルをクリックして元記事に行けます。)

--------------------------------------------------------------------------------
河野談話の問題4-朝鮮人女性の被害誇張


 河野談話における次なる問題点は、朝鮮人女性の被害を意図的に誇張していることです。



 河野談話の中断の部分(第3段落)は、朝鮮半島に関する記述に割さかれており、「なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は、我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた」と記しています。この文章には、(1)朝鮮半島だけを特別に取り上げて、概要を記した前段と同様の内容を敢えて繰り返している、(2)当時、日本人慰安婦が半数を占める一方で、朝鮮人慰安婦は2割程度に過ぎなかったにも拘わらず、具体的な割合を示さないことで、朝鮮人女性の被害が甚大であったとするイメージを作出している(日本人以外の慰安婦の出身地の割合は、朝鮮人慰安婦4割、その他6割であったはず…)、(3)当時の朝鮮半島が日本国の統治下にあったと明記することは、日本国の国家責任を仄めかすことになる、といった問題があります。



 仮に、慰安婦問題が普遍的な人権侵害問題とする韓国側の今日の主張に従うならば、韓国だけを特別扱いしたこの部分こそ削除されるべきです。そして、朝鮮半島への言及こそ、日韓共同作文、あるいは、韓国側の要請に応えた日本国による作文としての河野談話の特徴が最も強く表れているのです。



 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

  http://blog.with2.net/in.php?626231
.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watch_compass

Author:watch_compass
日本人は和魂洋才、日本国は富国強兵。明治の日本はいちばん大切なことをズバリとモットーにした。
今もその位置づけは同じです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
いらっしゃいませ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
880位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
409位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。