スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[転載] 丹羽氏の”沈黙のらせん”論-説得力を失ったリベラル

倉西雅子さまの時事随想抄』(Yahooブログ)より転載させて頂きました。


(以下、転載記事。 ↓のタイトルをクリックして元記事に行けます。)



丹羽氏の”沈黙のらせん”論-説得力を失ったリベラル .



 報じられるところによりますと、元中国大使の丹羽宇一郎氏は、”沈黙のらせん”を心配しているそうです。”沈黙のらせん”に陥ることなく、リベラルや革新的な有権者は、より積極的に発言してゆくべきでは、と。



 ”沈黙のらせん”とは、ドイツの政治学者、ノエル・ノイマン氏が提唱した仮設であり、「少数派が多数派に押されて意見を言いにくくなり、そのために少数意見が軽視されていくという悪循環」を意味するそうです。しかしながら、この”沈黙のらせん”論は、少なくとも現在の日本国の現象を説明していないと思うのです。リベラルや革新派が発言に消極的になったのは、説得力を失ったからです。説得力喪失の原因としてまず挙げられるのは、インターネットの使用によって、国民が、マスコミのバイアスがかかっていない情報や意見に接することができるようになったことです。中には、マスコミが世論誘導のために必死に隠蔽してきた情報もあります。仮に、事実と正確な情報に即した意見であれば、オピニオン・リーダーを自認してきたリベラル派のこと、論陣を張ることには遠慮や躊躇はしないのでしょう。ところが、たとえ意見を表明しても、確たる証拠と論拠に基づいて論駁されることが予測されるため、自信を失って沈黙していると推測されるのです。



 ”沈黙のらせん”論は、ネット普及以前の日本国の言論空間にこそ当て嵌まります。リベラル派が多数派として占拠しており、異を唱えようものなら、袋叩きにあったのですから。今日の言論現状は、ようやくサイレント・マジョリティーが自由に意見を述べることができるようになった点において、正常化へのプロセスではないかと思うのです。



 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

  http://blog.with2.net/in.php?626231



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watch_compass

Author:watch_compass
日本人は和魂洋才、日本国は富国強兵。明治の日本はいちばん大切なことをズバリとモットーにした。
今もその位置づけは同じです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
いらっしゃいませ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
880位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
409位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。