スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市役所に「市長の態度悪い」などの避難が殺到

【橋下市長VS在特会】「市長の態度悪い」「頑張れ」市役所に電話やメール1000件以上殺到!
2014.10.22 20:59更新  産経west 
http://www.sankei.com/west/news/141022/wst1410220075-n1.html

 ヘイトスピーチ(憎悪表現)問題をめぐり、大阪市の橋下徹市長と「在日特権を許さない市民の会」(在特会)が面談で罵倒しあったことについて、同市に千件以上の意見が寄せられていることが22日、分かった。市によると、「よく言ってくれた」「頑張れ」と橋下氏を支持する声もあったが、大半は橋下氏の態度や言葉遣いへの批判だったという。

 市によると、集計は午後5時時点。20日の面談が終わった直後から動画中継やニュースを見た市民らから電話やメールが相次いだ。「公職としてあるまじき態度だ」といった批判が大半を占め、中には「謝罪するべきだ」「辞職しろ」と求める声もあった。

 橋下氏は記者団に「僕がやろうとしていることは間違っていない。(在日韓国・朝鮮人を批判する)在特会のやり方を改めさせるためにできることを考える」と強調。批判が寄せられていることについては「言葉遣いが駄目なら僕を落選させればいい。僕に市長としての振る舞いを求められても困る」と述べた。

 橋下氏と在特会の桜井誠会長は市役所内で面談。橋下氏は在特会の在日韓国・朝鮮人批判について「民族をひとくくりにして評価する発言はやめろ」と言い、桜井会長は「言論の自由を否定するのはやめろ」と反論。双方が「お前」などと罵倒し合い、面談は10分弱で終わった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私も動画を見て驚きました。橋下市長は終始上からの言い方。桜井会長とは立場が違うことを考慮せずに「お前」を連発。
会議室がいくつもある筈なのに、市長は何でわざわざ対談場所として地下室を選んだのでしょう。その場所選びがそもそも侮蔑の表現だったのではと私は思います。
市長はそもそも本気で対談しようとしていたのかさえ疑問に感じます。

対談は橋下市長の得意な自己アピールです。
以前に文楽協会への補助を打ち切るために代表を対談に引きずり出そうとしたことがあります。
日本の伝統芸の世界は黙々と稽古を通じて伝承してゆく世界で、雄弁に語れる人なんていません。
今回この桜井会長には同じ手は使えませんでした。
もしちゃんと対談したとしたら、完全に負けているでしょう。
だから「国会議員に言え」などと意表をついて、場を制してから一方的に喋る作戦だったのではないでしょうか。

今回のことですっかり地がでてしまいました。
あの会談の動画を見れば、普通は市長の人間性に改めて驚きます。
市の担当者は、やっぱり宮仕えだけあって市長を支持する意見もあったことを強調したいようですね。

ゴリ押し〝大阪都〟構想はもううんざりです。
人間性が丸出しになってしまった今回の対談、大阪市民はそれでも市長を支持・・できるわけないですよね。


文字色
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watch_compass

Author:watch_compass
日本人は和魂洋才、日本国は富国強兵。明治の日本はいちばん大切なことをズバリとモットーにした。
今もその位置づけは同じです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
いらっしゃいませ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
438位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。