スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私立高校の韓国修学旅行について考える。都城(宮崎県)のドミニコ学園の場合

ひところは修学旅行にわざわざ韓国に行くことが流行っていて、随分多くの高校生が連れて行かれました。
インチキの歴史を勉強させられ、日本は悪い国だと自虐史観を植え付けられていました。
韓国が嘘と悪意と危険に満ちている国だと多くの国民が気付き、韓国には行かない・行かせないという世論が拡がって、修学旅行も潮のように引きました。
               韓国修学旅行の数のグラフ


ところがこのような高校が今でもなお存在し、毎年、韓国に行っています。
そのひとつとして、宮崎県都城市にドミニコ学園という女子高があります。

クリスチャンの校長先生が韓国を大のお気に入りのようです。
このテのクリスチャンは、 日本は罪人であるという間違った考えを往往にして持っています。
韓国はキリスト教が亜流も含めて沢山あるようですが、〝クリスチャン同志〝という安易な幻想でいては危険です。
多くの国民が既に目覚めているのに、ここの教育者は日韓の真実の歴史を不勉強で、尚且つ最近朝日新聞が認めた捏造の数々についても関心がないのでしょうか。
歴史観を変えないことで自分の心を安住させ、無垢の子羊にまでその考えに染まるように仕向ける。
これでは未来のある女の子たちが心配です。
慈愛の心はまず生徒たちに向けて、旅行先を何とか国内か台湾などの親日国にしてほしいものです。

私立だから自分達の勝手だとは言えません。公の授業料補助金を受けている生徒も少なくないでしょう。
何よりも生徒の安全を最優先する義務があります。
・韓国はセウォル号事件で明らかになったように、安全をまったく顧みない国民性です。
                セウォル号
            どれほど多くの問題点が出てきたでしょうか 

・南北朝鮮は国際法的に休戦状態ではなく、いつ砲撃を受けてもおかしくありません。
                ソウルの避難訓練
               ソウルの高校生はちゃんと避難訓練できています

・特に軍事境界線に近い場所ではコマンド部隊が侵入して生徒を拉致するかもしれません。
・勝手に原発の放射性廃棄物を混ぜてあちこち使っているようで、ソウルは異常な放射能値が普通に測定されています。
                 ソウルの放射能

・性犯罪が日本の5倍もあり、中でも外国人に対する性犯罪は5年で3倍に増えています。
      3ツ星クラスのホテルでも夜中に合鍵を使って従業員が侵入し、乱暴します。

・他にもまだまだあります。


韓国修学旅行を自慢しているドミニコ学園のHP http://mdominico.wordpress.com/
 板門店  ドミニコ学園キムチ作り
   板門店まで行っている           キムチ作りに兆戦

  

学校データ
都城聖ドミニコ学園
私立/偏差値 46
〒 885-0061
宮崎県都城市下長飯町881
電話:0986-39-1303

私は教育者自身の価値観よりも生徒の安全が遥かに優先すると思います。
ぜひ我が子を韓国への修学旅行に参加させたいと思う親御さんにも
反日で尚且つ危険な韓国には行かせたくないと思う親御さんにも
情報提供する意味で、この記事を書きました。
学校の選択は個人の自由です。
また正しい選択には情報が必要です。

韓国へ今でも修学旅行に行っている私立高校、まだまだあります。
進学先を考えている中学生の親御さんには情報を提供したいです。

また韓国修学旅行をしている他の高校の具体的な情報をお持ちでしたら、当ブログ主までお知らせ下さい。
情報を提供頂いた方の秘密は守ります。


関連記事
『転載] 私立山形城北高校、南鮮との姉妹校交流30年… 』


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watch_compass

Author:watch_compass
日本人は和魂洋才、日本国は富国強兵。明治の日本はいちばん大切なことをズバリとモットーにした。
今もその位置づけは同じです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
いらっしゃいませ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
880位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
409位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。