FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月はお屠蘇で祝おう

平成二十六年も終わりに近づいてきました。
なぜもうお正月の話をするかというと、準備があるからです。
お正月用品の買い出しもそろそろ始まりますね。
今年は是非とも皆様にひとつ足して頂きたいものがあります。

それは屠蘇散(とそさん)です。
昔はどこの家庭でも正月は当たり前にお屠蘇で祝ってましたが、徐々にすたれてきました。
「お屠蘇って何?」と尋ねる若い方や、屠蘇散のうっとりする香りを「臭い」という方もおられます。
このままで良いとはおもいません。

なぜなら元日は1年が始まる大切な日。その元日の朝(元旦)の家族のスタートがお屠蘇で祝うことなのです。

お屠蘇を未経験の方へ説明します。
お屠蘇とは各種生薬を混合した「屠蘇散」を浸けたお酒です。
普通はティーバッグの形態で、紙に包んで1包単位で売られます。
そろそろ薬屋さんに入荷する時期かな。
お正月前にしか売れない物なので、出遅れると売り切れてしまいます。
お値段は百数十円くらいでしょうか。
これを買っておいて、大晦日からみりんを加えた清酒に浸けます。
みりんと清酒の比は家庭によってそれぞれです。

出来れば杯(さかずき)も買っておいてください。
大中小の三段のセットの杯もありますし、1つだけでもいいでしょう。
買わずに小皿で代用してもまあ、いいか。

      屠蘇器


私の子供の頃は、元旦は早く起きて洗面し、神棚に拝んだ後で
家族が集まってまず、おめでとうを言います。
それから父が母にお屠蘇を注がれて飲み、
その盃は母が受けて父が注ぎます。
こども達もお酒が飲める唯一の日です。
甘いお酒なので子供も大喜びです。
この後はお年玉と雑煮です。



いかがですか、家族の健康を祈念する意味でもいいんじゃないでしょうか。

日本の素晴らしい風習を伝えてゆきましょう。

屠蘇器はともかく、まずは屠蘇散から。

薬屋さんで「お屠蘇ありますか?」って聞いてみてください。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watch_compass

Author:watch_compass
日本人は和魂洋才、日本国は富国強兵。明治の日本はいちばん大切なことをズバリとモットーにした。
今もその位置づけは同じです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
いらっしゃいませ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1067位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
463位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。