FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はやぶさ2」を乗せたH2Aロケット26号機 轟々と打ち上げ。日本人のための日本を拓く素晴らしい予兆ですね

まるで選挙のキック・オフのために打ち上がったようなタイミングですが、この打上げ予定は何か月も前に定まっていたことです。

日本の誇るH2Aロケットは2003年に6号機で失敗した以外は、ずっと成功が続いて、成功率96%。これは凄いです。

母体となった「はやぶさ」は何度も予期しないトラブルが起こり、満身創痍で地球に帰還して大きな感動を呼びました。今回の「はやぶさ2」は「はやぶさ」の後継機ではありますが、2号機ではありません。トラブルの経験をもとに全く新しく設計された観測機です。

打ち上げ成功の報告を受けて安倍総理は、「有機物や水があるとされる小惑星のサンプルを地球に持ち帰る、世界初のミッションの第一歩が成功したことを大変喜ばしく思う」とのコメントを発表しました。

宇宙開発に力を入れることは自民党の公約でもあります。

また今回の目的の小惑星は前回の小惑星とは全然違います。 科学的価値の高い探査に日本が一番乗りをすることは素晴らしいことです。



さて「はやぶさ2」は往復6年間。52億キロの旅に出発しました。6年後に戻ってきたとき、迎えるのはどんな日本でしょうか。日本人が今よりも、もっと誇りと自信を取戻し、世界をリードする国家になっていることを強く望みます。



まずは、打ち上げの轟音と力強い飛翔を楽しみましょう。

JAXAによる動画です。

いろいろ説明がありますが、打ち上げだけなら1時間9分くらいからでいいです。

巨大な打ち上げ花火です。前祝してくれているようにも感じます。

H2Aのパワーを貰って、選挙を勝ち抜きましょう。





スポンサーサイト

パブコメ『新「宇宙基本計画」(素案)に対する意見募集』出ました。もっと国家としての視野を!

航空宇宙はビッグ・サイエンスであって、元より膨大な予算を必要とします。
JAXA(宇宙航空研究開発機構)はアメリカのNASAに比べて1/10の人員規模・予算規模で頑張っています。
だから、予算と人的資源を活かすために、更に吟味しましょう。
何が日本国のためになるのか、国益の物差しで真剣に測らなければなりません。
学者だけを満足させる研究は優先度が低くていいです。
「地球観測」や「天文観測」の分野では、何で日本がここまでする必要があるの?と感じることが多々あります。
科学目的であっても「はやぶさ」のように国民が成功を一緒になって喜べる研究にもっと予算を。
進行中のH2Aロケットの高度化計画に引き続いて、H3ロケットの早期開発を。
更にその先にある再使用型ロケットの研究の加速を。
エネルギー確保のために宇宙太陽光発電の研究の加速を。
  それも今のマイクロウエーブ方式とレーザー方式の両方式での並行のままで。


産学軍の連帯を進めることも必要です。
 防衛省との共同研究はとても重要です。
 イプシロンロケットの防衛目的型の開発を。
ハッキングと技術情報の漏出を事前に防ぐ体制の強化を。

逆に外国の研究機関との「共同研究」は慎重に。
 ギブばかりで、テイクが実質的にないのは「共同」ではありません。


このパブコメは素案に対する意見を求めるものですので、今後の方向性に与える影響が大きいです。
難しいことを書く必要はありません。国民としての意見ですから、一般の生の声が重要です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新「宇宙基本計画」(素案)に関する意見募集について

意見受付締切日 2014年11月21日
意見募集要項(PDF) http://www8.cao.go.jp/space/plan2/youko.pdf•
新「宇宙基本計画」(素案)( PDF) http://www8.cao.go.jp/space/plan2/plan_public_comment.pdf
意見送付はこちらから:https://form.cao.go.jp/space/opinion-0002.html



こわ~いフグを自動で除去 ちりめんじゃこも安心 日立造船の選別装置

こわ~いフグを自動で除去 ちりめんじゃこも安心 日立造船の選別装置

産経west 2014.10.28 18:20更新  http://www.sankei.com/west/news/141028/wst1410280065-n1.html

.ちりめんじゃこに混入したフグの稚魚を自動で取り除くことができる異物選別装置=28日、広島県尾道市

         日立造船の異物選別装置
    
 日立造船は28日、食品に含まれる異物を画像で判別する同社の「異物選別装置」を使い、ちりめんじゃこに混入したフグの稚魚を自動で取り除くことに成功したと発表した。有毒の恐れがあるフグ混入に悩む水産加工業者などに売り込み、年間20台の販売を目指す。


ほぼ100%取り除くことに成功

 ベルトコンベヤーを流れるじゃこに下から光を当てて装置のカメラで撮影。じゃこに比べ透過性の低いフグの稚魚を特定し、空気を吹き付けてはじき出す仕組み。カメラの絞りなどを調整することで、装置をフグ選別にも使えるようにした。

 じゃことフグの稚魚は大きさや重さが似ているため、機械式のふるいで完全に除去するのは難しい。装置を合わせて使えばフグをほぼ100%取り除けるという。

 じゃこやシラスなどをパック詰めする際に誤ってフグの稚魚が紛れ込み、そのまま販売される問題が全国で発生。今年に入ってからは千葉県や神奈川県、岡山県などで発覚している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いい話ですね。
大量の中から極少数を見つけて除去する作業は、人は集中力とそれを持続させる根気、そして熟練を要します。
そして見逃しが必ず出ます。

異物除去は機械なら、その対象によって形状、大きさ、色調、重量や物性の違いを感知して金属、石などの異物混入を防ぎます。

今回これをフグの混入に着目したのが面白いです。
科学技術というと最先端の科学やビッグ・サイエンスをイメージしがちですが、このような既存技術の応用は開発に期間もコストも少なくて済みます。
必要なのは柔らか頭です。

今回のフグ除去の機械、おいくらくらいなんでしょうか。
食品加工の世界にはあまり大きくない企業が多いいです。
機械に除去のメカニズムを付けずに、検知すればブザーが鳴って停止し、傍らで別の作業をしている人が手作業で除去するのもありかな?



はやぶさ2打上げ用のロケットを伝える朝日と毎日の報道記事のクオリティが低い。科学の分かる記者はいないのか。

H2Aロケット26号機を公開 小惑星探査機打ち上げ

2014年10月20日21時06分 朝日 http://www.asahi.com/articles/ASGBN5JXJGBNOIPE01F.html
  H2A26号機組立


 三菱重工業は20日、小惑星探査機「はやぶさ2」を載せて打ち上げる国産ロケット「H2A」26号機を、飛島工場(愛知県飛島村)で公開した。22日に種子島宇宙センター(鹿児島県)に向けて運び出し、来月30日に打ち上げる。

 公開されたのは、第1段(長さ37メートル、重さ約12トン)と第2段(11メートル、約3・5トン)の部分。26号機では、長時間の飛行で蒸発する燃料の量を減らすため、タンクに断熱塗料を塗ったり、宇宙で機体を回転させたりする工夫を加えた。
 はやぶさ2は、2010年に小惑星「イトカワ」から地球に帰還した「はやぶさ」の後継機。地球への帰還は20年の予定だ。
………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三菱重工:はやぶさ2打ち上げのH2A 燃料タンクに知恵

毎日新聞 2014年10月20日 20時48分(最終更新 10月20日 21時01分) 
http://mainichi.jp/select/news/20141021k0000m020083000c.html
  H2A26号機の水素タンク毎日


 三菱重工業は20日、愛知県飛島村の飛島工場で、11月30日に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げ予定の小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載するH2Aロケット26号機の燃料となる水素を積むタンクや、エンジンなどをつなげた機体主要部分を公開した。

 はやぶさ2は宇宙空間で地球を1周した後、探査する小惑星「1999JU3」に向かう。打ち上げからの所要時間は1時間47分15秒と、同社のロケットで過去最長だった21号機の2倍超になる。

 そのため26号機では、太陽光を直接浴びるロケットの「第2段」(長さ約11メートル)の水素タンクを、太陽光を反射しやすい白色に塗装した。無塗装時に比べ、燃料の蒸発量を4割減らせるという。

 26号機は直径4メートルで、組み立てると全長53メートルになる。同社は「計画通りに打ち上げて受注拡大につなげたい」と説明した。
………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「はやぶさ」の偉業を受け継いで、小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載したロケットH2A26号機が11月30日に打ち上げられる予定です。
はやぶさ2については、また別の機会にしっかりと書きます。
今回は三菱重工での報道陣への公開に参加した新聞記者が、説明を受けたことを基に記事を書いています。

左翼はなぜか科学嫌いが多いようです。民主党の暗黒時代には〝仕分け〟と称して科学技術の予算が大幅に削られました。左傾の新聞も科学技術領域が不得手なようです。
産経はまずまずの科学記事が書けるし、実際に科学技術の記事が多いです。
この朝日と毎日はなんとかならないものかと思います。


まずは朝日の記事を見てみましょう。
>26号機では、長時間の飛行で蒸発する燃料の量を減らすため、タンクに断熱塗料を塗ったり、宇宙で機体を回転させたりする工夫を加えた。の部分です。
「回転」とは太陽光が均等に当るように12分に1回のゆっくりした回転ですが、説明不足の為にグルグル回るような誤まったイメージを与えてしまいます。

次に毎日の記事です。

はやぶさ2は宇宙空間で地球を1周した後、探査する小惑星「1999JU3」に向かう。打ち上げからの所要時間は1時間47分15秒と、同社のロケットで過去最長だった21号機の2倍超になる。 「所要時間」を言うなら、その前に「~迄の」が必須ですが、この重要な情報が欠落しているので、読者は理解困難です。
今回のロケットは「はやぶさ2」を単なる地球周回軌道ではなく、地球脱出起動まで運ばなければならないので、時間がかかるのです。「所要時間」とは、打ち上げから「はやぶさ2」を切り離す迄の時間だったのです。その間に太陽エネルギーの輻射を受けてタンクの温度が上昇して多量の液体水素が揮発するのを防ぐ為に白色の塗装をしました。


読売の記事では短いながらもきちんと書いていました。産経は今回なぜか記事がありません。
記者たち、取材に行く前にしっかり勉強してください。予習しないで、現地で受けた説明から自分の印象に残った部分だけを抜き出して書いているだけ。また記事のチェック体制も機能してないのではと思ってしまいます。

なお、機体は22日に出発していよいよ種子島に向かいます。


プロフィール

watch_compass

Author:watch_compass
日本人は和魂洋才、日本国は富国強兵。明治の日本はいちばん大切なことをズバリとモットーにした。
今もその位置づけは同じです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
いらっしゃいませ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
936位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
426位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。